ベトナムの酪農・乳業の直面している課題

25 3月

By: B&Company

データベース / 掲載/執筆

Comments: コメントはまだありません.

ベトナム人の健康と栄養への関心の高まりにより乳製品市場の潜在的な可能性は大きい。今後数年間で1人当たりの牛乳消費量は増加の一途で2030年には同約40ℓ/年になると予測されている。ベトナム酪農協会(VDA)によると、2010年は同約15ℓ/年、2021年には同約27ℓ/年に増加したが、タイ(約35ℓ/年)やシンガポール(同約45ℓ/年)に比べるとまだ低い。

人口の増加も牛乳消費量の増加に繋がっている。生乳生産量は1人当たり約12ℓ/年で総生産量は年120万トンを超え、需要の約42%を満たす。しかし、市場発展の可能性とは裏腹にコロナ禍、経済不況、熾烈な競争などの課題に直面し、市場シェアの獲得にはより一層の努力が必要である。

続きは、以下をご参照ください。