ベトナム加工産業の進展、コロナ下の明暗

29 10月 2021

By: B&Company

データベース / 掲載/執筆

Comments: コメントはまだありません.

2010年代、中国国内での人件費高騰や米中摩擦の影響により「チャイナ+1」の流れが加速し、ベトナムへの外資移転が進んだ。特に伸びたのが電子電気産業で、2019年のベトナム輸出の19.5%を「電話機など」、13.6%を「計算機、電子機器など」が占め、2009年の服飾、1次産品から10年で様変わりした。それを担ったのが外資企業で、輸出に占める割合は2009年の42%から2019年には69%まで増えた。国内企業も33億USDから81億USDと2倍増以上となり、育っている。

続きは、以下をご参照ください。

ASEAN経済通信「よむベトナムトレンド

Share this article!