ベトナムにおける日本企業の存在感の低下

15 4月

By: B&Company

データベース / 掲載/執筆

Comments: コメントはまだありません.

かつて日本はベトナムに対するFDI額(外国直接投資額)で1位だった。近年韓国に追い抜かれ、中国にも背後に迫られている。これはベトナム関連の仕事をしていれば十分実感するところである。FDI額や貿易額だけでなく、ベトナムでの居住者数などでも日本の占める割合の低下が囁かれてきた。

さて、今回、産業界、特に製造業を念頭にベトナムにおける各国の存在感と事業の成果を確認してみた。ベトナムのGDP(国内総生産)のうち、2022年に外資企業は約23%を占める。今回、2021年の外資企業17,250社の売上、利益、投資額、従業員数などのデータを地域別、産業別に分析した。

続きは、以下をご参照ください。