ベトナム政府は太陽光発電を推進、計画通りに進むのか
5月 15, 2019
経済状況(ホーチミン)|2019年上半期
7月 1, 2019

ベトナム化粧品市場、海外ブランドを中心として成長が続く

Statista社のデータによると、ベトナムの化粧品市場規模はASEAN地域で第6位となる。2019年の売上高はスキンケア用品で3億4,100万ドル、メイクアップ用品で1億200万ドルとなり、また、CAGR(年平均成長率)は2023年まで、各2.9%、6.1%と予測されている。牽引要因は、急速な経済成長を背景とした中流層(1日当たり15ドル以上の支出が可能な層)の増加にあり、世界銀行によれば、2026年までに約3,120万人に達すると予測されており、化粧品市場は今後も成長が見込まれる。

続きは、以下をご参照ください。

SankeiBiz「よむベトナムトレンド