ベトナムの生保市場、激動の1年を乗り切る

25 1月

By: B&Company

データベース / 掲載/執筆

Comments: コメントはまだありません.

ベトナムの保険市場、特に生命保険は2023年に危機的な状況にあった。全体的な景気後退の影響もあるが、それ以上に保険会社と顧客の間でコミュニケーションにおける問題が多々発生し、業界として信頼を失うような年であった。とはいえ、サービスの質を向上させて信頼回復を図るべく「再編」を推し進め、これらの課題を徐々に克服しつつある。

生命保険市場は1999年の自由化(外資企業への保険業の開放)以来、リーマンショックに起因する金融危機(2008~2013年)下でも着実に拡大を続けてきた。以前はBao Vietが唯一の保険会社として市場を独占していたが、外資の参入により市場は拡大し、2005年には8社、2023年5月時点では19社まで増えている。

続きは、以下をご参照ください。

ASEAN経済通信「よむベトナムトレンド

 
Sidebar: