COVID-19に対するベトナム人の反応(第4波調査)

10 6月 2021

By: B&Company

データベース / レポート

Comments: コメントはまだありません.

第4波発生(2021年5月)

2020年1月に新型コロナウイルスの最初の感染例が確認されてから、ベトナムは第4波のアウトブレイクが発生し、全世界がこの未曾有のパンデミックと戦っている。それから1年間は、コロナ禍以前の高い経済成長率に比べるとはるかに小さいが、プラスの経済成長を遂げた世界でも数少ない国として認識されている。

世界では新常態(ニューノーマル)の2年目に突入し、多くの深刻な影響を受けている国では集団免疫を獲得し、一刻も早く自由に移動できる旧常態(オールドノーマル)を取り戻すべく、広範囲で迅速なワクチン接種を実施している。一方、ベトナムでは地域社会での感染者が急増し、パンデミックに直面している。新開発のワクチンがすぐに効果を発揮するかどうか、過去のように経済活動に支障をきたさずに対処できるかどうか、現時点ではまだ具体的な答えは出ていない。

B&Companyは2020年に2度(2月、4月)、ベトナム人の新型コロナウイルスに対する認識を調査しているが、第4波のパンデミックを経験している今、新たに調査を実施することにした。コロナ禍になってから1年半が経過し、新型コロナウイルスに対する人々の理解も深まっているため、興味深い結果が得られるだろう。B&Companyのオンライン調査プラットフォーム「BEAN Survey」を活用し、質問票も8割がそのままである。(2020年4月の調査結果

詳細は、以下をご参照ください。

完全版の報告書については、以下の連絡先までお問い合わせください。
info@b-company.jp

Share this article!