茶産業、生産効率が原因で足踏み

15 7月

By: B&Company

データベース / 報告書と出版物

Comments: コメントはまだありません.

お茶はベトナム人にとって馴染み深い飲料となっている。B&Companyのアンケート調査(2014年)では、約半数が毎日お茶を飲み、また最もよく飲む種類として17%がボトル詰めされた茶系飲料、83%がティーバッグ、茶葉、粉末などの茶と答えた。

環境が栽培に適していることから消費とともに生産活動も活発だ。生産、加工企業登録数は650社、小規模生産を行う農家は全国に多数存在する。統計総局によると、2014年の茶栽培面積は前年比1.8%増の13.2万ha(うち摘採実面積11.5万ha)、茶(生葉)生産量は2010年から毎年2~5%で成長を続けており約96.3万トン(約8トン/ha)であった。ラムドン省、タイグエン省が最も生産量が多く、VITAS(ベトナム茶協会)によると、それぞれ年間22.4万トン(2.4万ha)、19.3万トン(2.1万ha)であった。

続きは、以下をご参照ください。

ASEAN経済通信「よむベトナムトレンド
SankeiBiz「よむベトナムトレンド

コメントを残す

Sidebar:
ニュースレター