News

ベトナムの酪農・乳業の直面している課題
ベトナム人の健康と栄養への関心の高まりにより乳製品市場の潜在的な可能性は大きい。今後数年間で1人当たりの牛乳消費量は増加の一途で2030年には同約40ℓ/年になると予測されている。ベトナム酪農協会(...
もっと見る
食品加工が活況、外資も大型M&Aで参入
ベトナム政府が定める長期目標として、2025年までに優先的に開発を進める産業の1つが食品加工分野で、ハイテク産業にも劣らない免税優遇が設けられている。 同分野の企業数は2016年から2018年にかけ...
もっと見る
ベトナム乳製品市場、外資が国内企業に挑む
1924年に牛乳がはじめてサイゴンで発売されて以来ベトナム乳業は飛躍的に成長した。Euromonitorによると、2019年のベトナム乳製品市場は52億USD超で、ここ10年は平均約12%で成長して...
もっと見る
健康飲料ブーム、次の主役は豆乳か?
Nielsenによると、2019年第3四半期から2020年第1四半期にかけて、ベトナム人の最大の関心事は健康だった。このような中、健康飲料に注目が集まっており、Facebookで「健康飲料」、「ヘル...
もっと見る
トレンドに乗り成長する健康食品市場
健康食品市場は、急速に成長している市場の1つ。Grand View Researchによると、2018年の世界の市場規模は約1,615億ドルで、2025年までにCAGR(年平均成長率)7.9%で成長...
もっと見る
10%台の成長を続ける乳製品市場
収入増加により、健康への関心が高まり、ベトナム人の乳製品の購入が増え続けている。2050年には1人当たり年間34kg消費すると見られ、市場規模としては、3,800トン(人口推定1億1,200万人)に...
もっと見る
オーガニック産業、認知度や認証に課題
個人所得の増加に伴い、ベトナム人の消費傾向に変化が見られるようになってきている。以前に比べ、商品の品質や健康、食の安全への関心が高まるようになってきた。特に健康に対する関心は高く、米国オーガニックト...
もっと見る
ベトナムのハイテク農業と外国資本の参入
ベトナムでは、農産物の生産性向上と環境への配慮からハイテク農業を積極的に推進している。ベトナム政府は、2020年までに国産農産物全体(約332億ドル)の35%(約116億ドル)をハイテク農業によって...
もっと見る
茶産業、生産効率が原因で足踏み
お茶はベトナム人にとって馴染み深い飲料となっている。B&Companyのアンケート調査(2014年)では、約半数が毎日お茶を飲み、また最もよく飲む種類として17%がボトル詰めされた茶系飲料、...
もっと見る
安全な野菜、栽培、流通体制の構築は進むか
ベトナムの野菜作農業は堅調に拡大している一方で、国内では安全性が疑問視される商品が出回っている。 農業・農村開発省によると、2014年、耕地面積は約87.3万ha、年間生産量は1,500万トン超であ...
もっと見る
  • 1
  • 2