News

ベトナム政府は太陽光発電を推進、計画通りに進むのか
ベトナムの電力需要は、2021年から2030年までCAGR(年平均成長率)8~8.5%で6,320億kWhまで急増すると予測されている。これまで、電力生産は長年に渡り石炭、水力、ガスを利用してきたこ...
もっと見る
ゴミ問題、減量や意識向上で取り組み
近年、ベトナムの経済発展に伴い、ベトナムを訪れる日本人も増えているが、訪越して日本との違いを感じる大きな要素の1つがゴミなのではないかと思われる。分別という考え方はなく、ハノイ、ホーチミンといった中...
もっと見る
ベトナムの電力事情と太陽光発電の未来
自然エネルギーを活用した電力発電がエコ意識の高いベトナム人の間で話題となっている。ベトナム政府の計画では、2015年に4.3%程度であった家庭用ソーラー発電システム導入を2020年には12%、203...
もっと見る
再生可能エネルギーは経済性が課題
再生可能エネルギーへの転換という世界的なトレンドを受け、ベトナム政府はマスタープランを発表している。長期的な戦略として、総発電量に占める再生可能エネルギー比率を上昇させたい考えだ。2013年の風力、...
もっと見る
塗料市場で工業用の需要拡大
現在、ベトナムには約600社の塗料企業が存在している。その中で外資系企業は30社ほどしかないが、アクゾノーベル(オランダ:世界シェア1位)、PPG Coatings(アメリカ:同2位)、関西ペイント...
もっと見る
電力の競争市場は実現できるか
ベトナムは発電市場に競争を持ち込むことで同産業の発展促進を図ろうとしている。 2012年、国営企業であるVietnam Electricity(EVN)、Vietnam National Coal ...
もっと見る
近年、幅広く発展中のプラスチック産業
ベトナムにおけるプラスチック産業は市場規模、CAGR(年平均成長率)15~20%で急成長している。国内消費量は2009年の245万トンから、2011年には15%増の281万トンとなった。また、201...
もっと見る
需要量が生産量に迫る石炭産業
2013年2月、ズン首相は「2012~15年ベトナム石炭、鉱物グループ(ビナコミン)再構築計画」を承認した。最大手のこのような動きに、石炭産業の課題解決の期待が高まっている。 ビナコミンはベトナムに...
もっと見る