COVID-19発生前後のベトナムのオンライン教育
6月 15, 2020
パーソナルファイナンスアプリの出現
8月 15, 2020

ベトナム人技能実習生増加とその後の人材活用

技能実習生とは、日本で企業などと雇用関係を結び、出身国で困難な技能修得を図る制度である。2016年までは中国人が多かったが、2017年にはベトナム人が抜き、2019年には全体約37万人の半分をベトナム人が占める。コンビニや外食で見かけるベトナム人留学生と比べ、社会と接する機会の少ない隠れた存在だが、急速に浸透している。

2018年度外国人技能実習機構認定件数を職種別にみると、とび約1.5万人、建設機械施工、型枠施工、鉄筋施工各5,000人など、ベトナム人技能実習生の23%に当たる約5万人が建設関係で働いている。次いで、食品製造21%、機械金属19%、農業8%、繊維衣服6%となっており、幅広い産業でベトナム人が担い手となっている。

続きは、以下をご参照ください。

FNX_Technical Interns_JP_2007

ベトナム人技能実習生増加と「その後」の人材活用

SankeiBiz「よむベトナムトレンド