消費者調査

定量調査

定量調査とは、収集されたデータを数値化することを想定した上で設計された調査で、調査結果は統計学的に分析する調査方法です。

調査手法

  • オンライン調査(ネットリサーチ)
  • 電話調査
  • 街頭調査
  • 覆面調査(ミステリーショッパー)
  • 会場調査(CLT)
  • ホームユーステスト(HUT)

活用目的

  • 仮説を量的に検証したい
  • 新製品を市場に投入する前に、本当に受け入れられる製品かどうかを確認したい
  • 実態調査などで、一般消費者の意見を聞きたい

メリット

  • 比較的負担の少ない回答方法であるため回答協力を得やすい
  • 数値で把握するため全体像を把握できる
  • 統計的な裏付けのあるデータのため、施策の判断材料になり得る

デメリット

  • データから施策戦略の判断をするには、データを読む知識やスキルが必要になる
  • 事前に調査票に盛り込んだ質問以外はできないので、回答の深堀り等ができない場合がある

定性調査

定性調査とは、対象者から発せられる生の発言や行動、状態、印象など、数値化できないデータの収集を目的とした調査方法です。

調査手法

  • フォーカスグループインタビュー(FGI)
  • インデプスインタビュー(IDI)
  • 家庭訪問調査(ホームビジット)
  • 行動観察調査(エスノグラフィー)
  • ワークショップ

活用目的

  • ある製品やサービスについての問題点を洗い出したい
  • コアなターゲットの生の声が聞きたい
  • ユーザーの現状・実態がわからない
  • 本来ならば定量調査を実施したいが出現率が低い、予算がない
  • 新たなアイデアを引き出したい

メリット

  • 会話の中から、思いもよらないような商品のニーズや、インサイトを読み取ることができる

デメリット

  • 対象者の言葉や表情、態度等から本音を理解する、マーケティング担当者の知識やスキルが必要